きょん♪のプロフィール:Atelier photo*chocot 小さな小さな写真の学校

きょん♪のプロフィール

2011年05月01日

川野 恭子(かわの きょうこ)

神奈川県生まれ
Atelier photo*chocot主宰


*写真歴 15年(デジタル一眼中心)
フォトマスター検定(文科省後援)1級
*愛用機種 OLYMPUS PEN-F、FUJIFILM X-T1、CANON EOS 5D MarkII ほか多数
*被写体・作風 キッチンから野の花、最近では山まで。
主に、日常の光景に潜む美しくも儚い瞬間に心惹かれ、写真に残しています。
ふんわり可愛く明るめのハイキーと、しっとり大人っぽい暗めのローキー、被写体やテーマに合わせて撮りわけています。
*講師歴 オリンパスデジタルカレッジ講師、富士フイルムXセミナーズ講師、ほか企業さん向け講師やトークショーなど多数。


デジタル一眼での作品づくりがメイン。
書籍の執筆や、写真雑誌などへの寄稿、講座やトークショーの開催、広告撮影ほかに、
地方創生を手助けするフォトツアーなどにも取り組んでいます。

もとは、写真とは関わりのないシステム開発の仕事をしていましたが、
デジタル一眼を手にしたこと、写真ブログを運営し始めたことをきっかけに
ワークショップ講師や書籍の執筆と、徐々に写真の仕事が増えていきました。

現在では、オリンパスさんや富士フイルムさんなど、
カメラメーカーさん主催の写真講師も務めています。

このような異色の経歴ですが、だからこそ、
写真初心者からプロになるまでに悩んだこと、つまづいたことなど、
みなさんの立場になって寄り添うことができると考えています。

写真教室はハードルが高そう…と思う方。
安心して扉を開いてみてください。
ワタシが皆さんの手を引き、新たな世界へとご案内いたします。


突然ですが、ここで少しばかり
「写真をはじめたきっかけ」をお話しさせてください。


写真を始めたきっかけ

ワタシが写真を始めたきっかけは、
青い空を青く写したい!
そんな気持ちからでした。

コンパクトカメラでは思うように青い空は撮れないし、
どうしたら青い空を撮れるのだろう…。
そんな折、父がひとこと。

あれは、一眼レフで撮ってるんじゃないか?」・・・と。

そして気づくと手元にはミノルタのαSweet・・・衝動買いでした。

この頃はデジカメが普及し始めた時代で「一眼」といえばフィルムが主流でした。
フィルムからデジタルへ移行されようとするなか、
ワタシの一眼レフライフが始まります。

当初は、コンパクトカメラを扱うのと同じように撮影していましたが、
自分の写真に納得できず、撮影ノウハウ本などを買いあさるように・・・。
独学で「絞り」とは、「露出」とは・・・と知識を吸収していきました。

知識を吸収していくなかで
ネガフィルムだけでなくポジフィルム(リバーサルフィルム)
にも手を出すようになりました。
初めて現像したポジフィルムを光に透かして見たとき、

わぁ、すごくキレイ!空が青い!

と感動したことは今でも忘れません。

この感動が病み付きになり、
あきっぽいワタシが15年も写真を撮り続けています。
今では現像の手間がないデジタル一眼カメラでの撮影を中心に
楽しむようになりました。

実際、その手軽さから女性ユーザーが増加したと言われています。
しかし、その手軽さゆえに技術がともなわず、
「思うように撮れません。」
という女性が多いのも事実です。

ワタシが「空を青く撮りたい」という気持ちをかなえたように、
このサイトを通じ、たくさんのカメラ女子が自由自在・思うがままに
写真を撮れるようになっていただけたら嬉しい・・・と考えております。





お問い合わせについて

こちらのメールフォームから受け付けております。
ご意見・ご感想・お問い合わせ・講師依頼など、お気軽にお寄せくださいませ。






関連記事一覧